スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご報告(低周波音被害国家賠償請求訴訟)

お知らせ

 平成24年9月7日(金) 東京地方裁判所530法廷にて、低周波音被害国家賠償請求訴訟 第一回口頭弁論期日が行われました。
 低周波音被害者の会からは、総数10名程の傍聴でしたが、法廷はそれ程大きくはなく、第一回としては、裁判官へのアピールになったかと思われます。

 開始時刻は午前11時45分からの予定でしたが、「揃われたようですので・・」と早めに始まり、5分で終了しました。
 その後、控え室にて集うことができました。
 井坂弁護士から今日の口頭弁論の説明と、今後の裁判の見通しについてお話がありました。一時間ほどだったでしょうか。
 弁護士からは、被害者の皆様に苦言もありました。国賠訴訟についての周知が足りない。 低周波音という分かりにくさがあるため、このままですと、広がらないまま終わってしまう。(終わった後にこの判決はなんなのだという事で盛り上がりを見せてもいいですが、とも。)
 まずは、皆様の周りからお知らせをしてゆく、特にマスコミ・議員さんなど、これが大事ですと。

 次回期日は平成24年11月2日(金)午後1時10分です。
 こちらからは、訴状を提出してありますので、次回はそれについて、国側が反論してくることになるようです。そのことによって、争点がはっきりとしてくるとのお話しでした。
 
              平成24年9月12日
                           原告の関係者
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。