スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境省様 1

 先日、風力発電施設から発生する騒音等への評価手法に関する検討会報告書(案)に対する意見の募集がありました。
パブリックコメント、略してパブコメ。
私が現在聞いている風車被害は、エコ機器被害と趣が違うように感じられますが、
今回のこの報告書(案)は、測定した低周波音に関しての評価ですから、その事について意見を述べてみました。
意見はいずれ、パブコメのHPで公開されるようですが、こちらでも載せてみたいと思います。
 ご覧なるかたがいれば、幸いです。

「睡眠障害もまた生活習慣病」(厚生労働省)という観点からみると「風車騒音による睡眠影響で 睡眠障害=生活習慣病を引き起こす」と考えられるので、「この生活習慣病」予防・対策のために 厚生労働省の関与が必要、と強く提言します。
私は、消費者庁・消費者事故調査委員会「家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動に より不眠等の健康症状が発生したとの申出事案」(家庭用ヒートポンプ給湯機=エコキュート)の 申請人・清水靖弘と申します。この時期に体験した私達の様々な症状・体験等を踏まえると「風車 騒音による健康影響」も他人事のようには思えません。 これらの健康被害を検証するにあたり「睡眠と生活習慣病」という観点から考える必要性がある と、強く実感しています。
そう言った観点から、主にP7~P8に記載されている「健康影響」に関しての提言をさせていただ きます。
まず、P7(後半部分)に下記の記載があります。
風車騒音による健康影響については、 風車騒音のレベルとわずらわしさ(アノイアンス)を感じる 程度の間には統 計的に有意な関連が複数の論文で報告されている。また、睡眠影響については、風 車騒音のレベルとの直接的な関係性、またはわずらわしさ(アノイアンス)の程度が上がる結果とし ての間接的な関係性がある可能性を示唆する知見が報告されている。
そして、P8(前半部分)には下記の記載があります。
風力発電施設から発生する超低周波音 及び低周波音と健康影響については、明らかな関連を示す 知見は確認できなかった。
つまり、P7(後半部分)とP8(前半部分)をまとめると、 「風車騒音による睡眠影響については、間接的な関係性がある可能性を示唆する知見が報告されて いる。」が「健康影響については、明らかな関連を示す知見は確認できなかった。」ということに なります。

file:///Users/yasu_shi/Library/Containers/com.apple.mail/Dat...82B9C-8A9F-40AE-B78D-52280DB5C241/風車・パブリックコメントdownload.html 1/2 ページ

意見提出フォーム:提出内容 2016/09/27 13:48
提出意見
さて、厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト「e-ヘルスネット」の中の1ページ 「睡眠と生活習慣病との深い関係」(https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k- 02-008.html)には、下記の記述があります。 「睡眠障害もまた生活習慣病のひとつ」・・・長期にわたり睡眠不足を続けたり、睡眠障害を放 置したりすることは私たちの健康を大きく害します。睡眠問題は静かにしかし着実に心身の健康を 蝕みます。睡眠習慣の問題や睡眠障害を放置せず、・・・
また「家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により不眠等の健康症状が発生したと の申出事案」で、私の申出時に添付提出した診断書内容は下記のとうりです。 病名 環境因性睡眠障害
付記
1 近隣からの騒音の発生と、睡眠障害の発症が時間的に近接していること
2 それ以外の場所で就寝した場合には睡眠に問題がみられないこと
3 それ以前には睡眠障害を伴ういかなる精神的健康の問題の既往がないこと 以上から、上記疾患と考えられます。
つまり、厚生労働省「e-ヘルスネット」及び「家庭用ヒートポンプ給湯機・健康症状」の診断書 内容を踏まえ風力発電施設の健康影響をみると「風車騒音による睡眠影響は生活習慣病」と考える べきではないでしょうか。
要するに 1、「風車騒音による睡眠影響については、間接的な関係性がある可能性を示唆する知見が報告さ れている」(前述)=「風車騒音という環境で睡眠影響が起きる(=「環境因性」) 2、「睡眠障害もまた生活習慣病」(厚生労働省) 3、「家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により不眠等の健康症状」の診断内容 (病名)は「環境因性睡眠障害」
これら1、2、3、を踏まえると「風車騒音という環境因性による睡眠影響で睡眠障害=生活習 慣病を直接引き起こす(または誘発する)可能性がある」と考えるべきです。
風力発電促進の立場から考えれば「健康影響には極力触れたくない」いや、むしろ、なんとか理
由をつけて「健康影響はない」又は「直接的には健康に影響はない」と無理矢理・強行的に・とに
かく結論付けをしたいのでしょうか・・・。
しかしながら、もし、そうであれば「風車騒音問題」はさらにこじれてしまうでしょう。
「睡眠障害もまた生活習慣病」(厚生労働省)という観点から見ると、「風力発電施設から発生 する騒音等」は「風車騒音という環境因性による睡眠影響で睡眠障害=生活習慣病を直接引き起こ す(または誘発する)」という危険性を孕んでいる、と考えるべきです。 よって、この「風車騒音問題」を住民目線・生活者目線からもしっかり解決させるためには、風 車騒音が引き起こす「環境因性・生活習慣病」予防・防止のために、厚生労働省の関与が必要だと 強く提言します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。