スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低周波音被害は公害

低周波音被害って。
一個人が体験した事によって、全体を推定するのはおこがましい。
身体の症状を誰彼構わず話すのは、(或いは話させるのは)、
プライバシー侵害では?
 そんな風に私、思っていました。

 でも、相変わらずお医者様は現れていただけないし、ちょっと違う理解で、
話が進められているし・・・・。それで、個人的に言いたいこと書きます。

 低周波音被害って、公害なんです。
症状として出ようが出まいが、皆に関わる事なんです。
「特殊な人」とされている方が気づいただけなんです。

「光化学スモッグ警報」あれが出されて、「きょうは学校のプールはしません」
そんな身近な公害と同じと思うのです。

 だから、きちんと調べて欲しいのです。
機械だらけの住環境になっていって、健康に影響はありませんか。
原因不明の不調が、低周波音であることは、考えられませんか。

 私の体験した事が全て低周波音のせいでは、ありませんよね?
でも、頭の中のある一点を傷つけられたら、その可能性もありますよね。
それを調べることはできませんか。

 問診という技術を持ったお医者様に話を聞いていただきたいな、そんな風に思います。


                      平成27年7月
                           静の闘士
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。