スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どちらを選ばれますか

エコ機器所有者様へ

 昨今、「お宅のエコ機器の低周波音によって、うちは、眠れない。」「具合が悪くなって家に帰れない。」などと、言われた事ありませんか。更に「エコ機器所有者が話し合いに応じてくれない。」と冷たい人間の様に思われていませんか。
 エコ機器所有者は、高い買い物をし、気に入っていたところに、思わぬ事を言われ、うろたえますよね。「なに?低周波音って何?」の状況と思われます。
 そして、ネットで調べたりして、“どうやら、そう言うのがあるらしい。”
そうですよね。
 「でも、私はこの機械うるさいと思わないし?」「これで苦しむ人がいるなんて、そんな人が隣に?」
 その疑問のままに次に思いますよね。
“対処するにはどのくらいの費用がかかるのかしら。”“誰が負担するの?”
 とりあえず、メーカーに電話してみるかもしれませんね。
ところが、意外とそっけない対応される。特にハウスメーカーはいけません。
 想像なのですけどね。でも、大抵のエコ機器所有者が同じような返事を被害者にします。
「動いていない時間にうるさい、言われる。」「(病気は)他の原因では?」
「法律には違反していない」
 大体このように集約されます。
似たり寄ったりのお返事は、誰のお知恵でしょうか。
 メーカーでつれないお返事でしたら、
次に消費者センターに電話してみてくださいませ。
平成28年4月、消費者安全調査委員会から出された事務連絡に、「相談者に伝えるべき基礎知識(2)」(4)移設費用について「〜設置業者交渉の結果、所有者の費用は不要となった事例がある」
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/160415shiryou_5.pdf
 ご覧下さいませ。
(もし、消費者センターの方がうっかりしてらしたら、「事務連絡にそうありますよね?」と念を押してください)
そして、ご判断ください。
 費用負担が大きな問題でしたら、メーカーと交渉するのか、それとも「
冷たい人」と思われながら、被害者の被害を認めずに知らんふりを続けるのか。
 どちらを相手に、エコ機器所有者は交渉するのが良い方法でしょうか。
お選びくださいませ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。