スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

届けられない被害2


 昨年12月消費者庁がエコキュートに関して報告書を発表し、それが新聞報道となりました。新聞記事を見た方から、お電話を頂きました。
 エコキュート所有者でした。
 昨年5月オール電化で新築されて、エコキュートをお使いでした。
「身体の具合が悪くあちこちの病院を回り、MRIを受けたりするが、異常なし。化学物質過敏症かと思い、新品のテーブルセットを返品するも症状は悪化する。新聞を見てこれか?と思っている。」と仰います。
「そして、どうすれば良いのか?」と仰います。

 いろいろ、時間をかけお話しをしましたが、結局今年3月室外機のみを移設しました、と言うことでした。ついでに、浄化槽ブロアも交換した、とも。
建築メーカー或いは製造メーカーの費用負担だそうです。(本人負担無し)

その後半年経ってから、私、お電話してみました。
 取りあえず、病院に行かなくても良い様になっておいででした。
ただ、耳鳴りはひどく、左耳難聴も進んだようだ、良い補聴器を捜さなければ、と悩んでおいででした。

 私には耳鳴りはありませんが、この方と同じ症状がありました。
左耳難聴、私も軽度の左耳難聴。
家の中の音が響いて辛い、それで、窓を開けて過ごしている。
私も家中の開けられる窓は冬でも開けて過ごしていました。
 この方の苦しみと同じではありませんが、似たような部分があり、
共感してしまいました。
 より良いご回復を願っております。

                   平成27年11月
                         静の闘士
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。