スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低周波音被害は公害2

 公害と感じられる理由の一つとして、被害が大きい人ばかりではない事があります。
よく、同じ環境にいて被害を訴える人とそうでない人がいる、その為に被害を訴える人が「特殊」と言われます。
 私共がこの被害に遭ってから、話をして下さる人の中には、私から拝見すると「この方も低周波音被害では。」と思われる方がいます。ご自身では気が付いていません。ご自身も「特殊」と思われていらっしゃいます。
 当然、消費者庁や消費者センター、市役所、届け出る事はしてらっしゃいません。そんな方、多いと思うのです。
 それは、低周波音被害の存在を知らなかった、知ったとしても、自分がそうであるか明確に分からない、被害そのものが日常に不便があってもそれ程と感じていない、他、いろいろでいらっしゃると思います。
 今被害を訴える人は、その機械が他人所有のものであろうと、何とかしなければ、自分の生活が成り立たない、そんな思いを抱いている人が、ご自分を守るため必死になって、申し出ているのです。
 その声を拾い上げていただきたい。
低周波音被害の解明にはそれが必要です。
臨床経験のある医師、問診できる医師に、その声を拾っていただきたい。

 エコキュートは夜間稼働します。
ですから、夜の睡眠を妨害する、一般の方の理解を得やすかったと思います。
確かに夜の睡眠がとれないことは、健康影響を及ぼします。
でも、経験なさった方は、それだけでない事はお解りと思います。
音源をなくせば、身体は元に戻るとも言われますが、本当にそうでしょうか。
症状が出ない人には被害が無いと、言い切れますか。
今、きちんと調べておかなくて、これからの健康な住環境を作れますか。
 上記の問いの答えは、どなたが、引き受けていただけるのでしょうか。

                    平成27年10月
                          静の闘士
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。