スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ

お知らせ

 来る11月2日第二回低周波音被害国家賠償請求事件に向けて、被告である国から準備書面が届きました。
 被告代理人には、10名のお名前が並んでいます。内2名の方は環境省と分かりますが、後は不明です。
 内容は、低周波音問題に対するこれまでの国の取り組みから始まり、原告の主張に対する反論、結論として原告らに損害はなく、「参照値」の発表によって被告が国家賠償法上の責任を負うとの原告らの主張に理由がないとして、棄却を求めてきました。
 裁判というのは、被告側から棄却を求めるのは挨拶代わりというのを、聞いたことがあります。普通の流れと受け止めてよろしいかと筆者は思います。
 取り急ぎ、お知らせ致しました。

                      平成24年10月29日(月)
                            原告関係者
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。